MESSAGES 先輩からの声

セガワハウザフードは
従業員同士の意見・
情報交換をできる機会が
多い会社です。

これは従業員一人一人の繋がりが強いということです。 これから入社してくるみなさんにはこの「繋がり」を大切にしていただき、息抜きの場としても利用して頂ければ幸いです。

01. 入社時から今までに行ってきた業務は?

入社前:
3月下旬に病院にて研修を2週間実施。

1年目:
4月〜8月中旬 産婦人科病院へ配属。仕込み、調理補助。8月中旬〜4月 老人保健施設へ異動。仕込み、調理、献立作成、発注、本社提出書類作成。

2年目:
5月〜 4月オープンの保育園へ異動。上記栄養士業務全般に加えて姉妹園4ヶ所の献立作成及び保管書類、提出書類の作成。その他 保育園、老人ホームなどへの調理業務の応援。

3年目:
4月〜 姉妹園1ヶ所オープン 近辺の保育園の栄養士業務補助、会議への参加。 病院、障害者福祉施設への応援。
7月 副主任昇格 一部本社業務を担当。
12月〜 老人保健施設へ異動。老人ホーム、障害者福祉施設への応援。

4年目:
4月 係長昇格。各事業所への応援。欠員のある事業所への栄養士業務補助。本社業務。

02. 今までの業務を振り返って

入社から始めの3ヶ月は栄養士業務になかなか携われず、調理も補助のみでとても辛かったのを覚えています。しかし、次の移動先で、栄養士業務全般を先輩栄養士から教わることが出来ました。
2年目には、自分一人で一つの現場を運営することを学ぶと共に、複数の現場と連絡を取り合い、遠隔で栄養士業務を行うスキルも身に付ける事が出来ました。
また、空いた時間を利用して他の事業所へ調理の応援、見学をする事で様々な調理方法や業務手順を学び、働いている栄養士さん、調理師さん、パートさんと直接関わることで視野を広げることが出来ました。
3年目は、2年目の応用という印象です。パートさんや姉妹園の栄養士さんに自分の業務を引き継ぐことで、他事業所の応援や本社業務を行えるようになりました。
4年目は従業員との関わり方を深く考えた1年でした。限られた人数の中で複数の現場をどのように運営していくか、従業員の不満、不安をどう解消するかなどの問題がありました。その中で自分の業務を主体的に考えて行動をしてしまっていたと気付き、業務内外を問わず従業員との会話の時間を作ることの重要性を再認識しました。

03. 今年度の目標

私の目標は、新人教育の強化です。本社での研修はもちろん、現場に直接赴いての長期間の指導に力を入れて行きたいと考えています。

04. 新卒の方に向けて

セガワハウザフードの強みの一つに従業員同士の距離が近いというものがあります。
懇親会、納涼祭、忘年会には多くの社員さん、パートさんが参加をします。また、キャリアに合わせた研修会が毎月行われているので、他の現場の従業員や上司と顔合わせて意見・情報交換をできる機会が多いです。

私が社会人として今まで働いて来て大切だと考えることがあります。それは、人との繋がりです。皆さんが社会に出て働いて行けば様々な壁にぶつかっていくと思います。最初にぶつかる壁の多くは、自分の努力でなんとかできるものが多いと思います。小さな壁を越えれば越える程、仕事に対して達成感・幸福感を得られ、それに比例して仕事量も増えていきます。

しかし、自分一人では処理し切れない壁があるかもしれません。これはみなさんが初めてぶつかる大きな壁です。今まで通り自分一人で抱え込んでしまう人や、自分が壁にぶつかっていることに気付けない人がいるかもしれません。一人で打開策を見付けられず続けていけば仕事が嫌になってしまうかもません。
そんな時は『同じ現場の従業員に相談する。』
いつもあなたの仕事を近くで見てくれている人たちです。あなたがいつも頑張っていることを理解しているので快く手伝ってくれます。
『他事業所の社員に相談する』
体験談を聞いたり助言をもらったりすることができます。
『上司に相談する。』
的確な指示がもらえます。
セガワハウザフードは従業員同士の意見・情報交換をできる機会が多い会社です。これは従業員一人一人の繋がりが強いということです。
これから入社してくるみなさんにはこの「繋がり」を大切にしていただき、息抜きの場としても利用して頂ければ幸いです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。皆様と共に働ける日を心よりお待ちしております。

採用に関するお問い合わせ

エントリー・ご応募、その他採用に関するお問い合わせは、下記までお気軽にご連絡ください。
TEL 03-3841-1406  
FAX 03-3841-1407
人事 斎藤または瀬川

2020 SEGAWA HAUZA FOOD Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

pagetop